撥水剤効果で突然の雨や錆付きの対策に有効なフッ素コーティング

基板と水滴

撥水剤効果で色々な製品の品質向上に役立つフッ素コーティングの特徴

光学レンズ

一般に、何らかの物質を使ってコーティングすることによって製品表面を加工すると、製品をより美しく魅力的に見せる、外界からの刺激、衝撃、更には、汚れなどからも製品を保護できるなど、様々なメリットがあります。中でも、フッ素樹脂の薄膜でもって製品表面をカバーするフッ素コーティングは、たった一種類の加工によってもたらされる効果の幅広さが、他のコーティング技術とは異なる顕著な特徴です。その効果の一つに、撥水剤としての効果が挙げられます。製品の素材が繊維であれ金属であれ、撥水剤加工を施すと、製品表面で水分を弾いて、水によって引き起こされる様々なダメージを受けなくなります。例えば、撥水剤加工した金属は錆び付きに抵抗力を持つようになり、衣服であれば、雪や雨に降られたり、積もった雪の中を歩いたりしても、撥水剤が効いて水を生地の中まで通さないため、ウェアがずぶぬれになる恐れがありません。これによって、金属製品であれば故障しにくく、あるいは、性能が低下しにくくなりますし、ウェア類は保温性をずっと維持することが可能になります。フッ素コーティングによる撥水剤効果は、これ以外にも、幅広い製品において、品質の向上や耐久性維持のために役立っています。

金属に撥水剤効果をもたらし錆び付きを防止するフッ素コーティング

金属で出来た製品は基本的に丈夫で、製品によっては、金属特有の光沢による外観の美しさも製品の価値を決める上での重要な要素となっています。ところが、日々の生活の中で最もありふれた物質の一つである水分によって、大きなダメージを受けるという弱点を抱えています。水分と酸素の存在によって錆び付きが生じた金属は、美観が損なわれると同時に破損しやすくなる、或いは、機能が低下していずれは故障する可能性もあります。これを防ぐためには、撥水剤で製品表面をカバーして、水による影響から金属製品を守るという方法が効果的です。金属製品は、汚れ防止、あるいは、非粘着性、滑り性といった特性を与える目的でフッ素コーティング加工されるものが多いです。フッ素コーティングは、これ一つで、こうした特性を付与することに加え、撥水剤としての効果も発揮します。従って、例えば、金属製の調理器具なら、フッ素コーティングで加工すれば、非粘着性によって食材がこびりつかないだけではなく、撥水剤効果のお陰で水滴による錆び付きも防止できるようになります。この効果のお陰で、金属製の調理器具も、錆び付きが原因で頻繁に買い替える必要がなくなり、コスパの面で遥かに優れた製品となっています。

建築現場の木材に撥水剤効果をもたらすのにフッ素コーティングが有効

撥水剤というのは、これを塗布することで、製品や素材表面で水を弾く性質を与えることが出来る薬剤の総称です。撥水剤を使うことで、水分によるダメージから様々な製品や素材を保護することが出来ます。水によって品質が低下したり、機能が衰えたりするものは意外と多く、撥水剤を効果的に利用することで、そうした製品、素材の品質と性能を維持ないし向上させることが出来るのです。例えば、建築現場で使われる木材なども、雨水がしみこんでかびや腐食が生じたり、水溶性の汚染物質を木材の繊維が吸収して汚れやシミが出来る場合があります。そこで、木材に対して予めフッ素コーティング加工を施しておけば、撥水剤としての効果が発揮されて、木材への水によるダメージを防止することが出来るのです。木材が水で傷んでしまうと、それをそのまま建築に使うのはかなり問題になるでしょう。シミや汚れがある建材では、建物の外観が損なわれてしまいますし、吸い込んだ水分の量が多くて腐りかけた木材であれば、建物の強度が弱くなってしまいます。フッ素コーティングで木材の表面を加工するだけで、こうした懸念もなくなりますので、建築現場では、安心してその木材を使えるようになるでしょう。

そこでお勧めするのが「フロロテクノロジー」の撥水剤「フロロサーフ」です。フロロサーフは、表面に形成されるフッ素樹脂皮膜が撥水撥油性を発揮し、協力に水や油をはじきます。油脂類のバリヤ・拡散防止・付着防止・防汚など、さまざまなメリットがあります。いろんな種類があり、用途によっても効果的になるものがあるので撥水剤を使用するなら「フロロテクノロジー」を確認して撥水剤を利用しましょう。

水しぶき

防水スプレー原液のフッ素コーティング剤が発揮する撥水剤効果

衣服や靴といったアイテムは、防水仕様のものの方が利用者に便利な面があります。防水仕様の服なら、外出中に急な雨に降られても、そう簡単に全身水浸しにならずに済みますし、その点、靴についても同じことが…

MORE

CHOICES

RECENT ENTRY

TOP